読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未来でなぐる

実験的になんか書きます。

上海に行ったはなし4 海外で終電を逃した

 

前回のはなし

qropyt.hatenablog.com

 

 豫園を見学した夜の外灘へ夜景を見に行くことにした。

 

 外灘は19世紀後半から20世紀前半にかけて租界地区だった場所で西洋建築が並んでいてヨーロッパへ来たみたいな場所である。

f:id:qropyt:20160514214313j:plain

f:id:qropyt:20160514214333j:plain

中国の上海にいることを忘れそうな場所だった。

 

 

f:id:qropyt:20160514214415j:plain

ずっと川沿いに多くの人が写真撮ったりしてる。

 

f:id:qropyt:20160514214439j:plain

 

 

 

 

 

夜景を見たあとホテルに帰ろうとしたところ、終電を逃してしまった

 

 

f:id:qropyt:20160519225541p:plain

 

 

 

終電を逃してしまった。

 

f:id:qropyt:20160519225541p:plain

 

 

上海の地下鉄の終電は午後10時くらいで急いだのだが、すでに最終電車は行ってしまっていた。

日本でも終電を逃したことないのに海外で終電を逃すことになるとは…

 

不幸中の幸いなのかホテルの1駅となりまでは来ていた。

後ひと駅乗り換えればホテルの最寄駅だったのに…

 

友人には終電逃したら大きな道路に出てタクシー捕まえてって言われていたがいざタクシーに夜1人で乗るとなると怖い

しかもタクシー走ってないし人も少ない、営業中のお店もない。

 

地図を見ると道なりに進んでいけばホテルの最寄駅につくようなので

ひと駅分だし歩けばなんとかなるだろうと思い徒歩での帰宅を決意した。

 

しかし忘れてはいけない、ここは中国なのでのである。

 

日本でならスマホの地図アプリでGPSを使えば歩いている方向が正しのかわかる、日本でなくてもイギリスに行ったときにもgoogle mapが使えた。

 

yahoo地図にはアクセス出来たもののGPSで位置情報の取得ができない。

中国で使える地図アプリはスマホに入れていない。

紙の地図は暗くてよく見えない。 

 

 

昼間の寒さを考えれば今の時刻はもっと気温が下がっているであろうに全身汗だくになっていた。

 

この方向で合っているのか確証が欲しい。

 

そう思いながら歩いていると日本でもお馴染みのコンビニエンスストアファミリーマートが見えてきた。

 

まわりに営業中のお店がない中ファミリーマートは輝いて見えた。

店員にホテルの方向が正しいか聞こうとした。

 

 

f:id:qropyt:20160519224844p:plain

 

 

 

店員がレジにいなかった。

ホテルが反対方向ならどんどんホテルから遠ざかっている。

道が間違っていても最悪朝になればなんとかなるだろうとか、考えていた。

 

 

 

その時、車道をバスが走って行った。

そのバスの行き先がホテルの最寄駅になっていた事を見逃さなかった。

 

この方向で合っている。

 

 

そのまま歩き続けバス停を見つけた。

バス停の標識によるとあとバス停3つほどでホテルの最寄駅に着くらしい。

 

バスに乗るという選択肢も考えたが、次のバスがあるのかもわからないし、このまま歩き続ける事にした。

 

f:id:qropyt:20160516175828j:image

 ホテルの近くの見覚えのある場所にたどり着いた時撮った写真である。

 

 

俺は生きてホテルまで生還したのであった。

 

 

上海に行ったはなし3 世界一高い展望台へ行ってきた

まだまだ続きます。

前回の記事

qropyt.hatenablog.com

 

 

【上海3日目】

この日も友人がホテルまで迎えに来てくれるとのことだったが

友人との約束の時間までに時間が合ったのでホテルの周りをふらふら歩いてるとなんとWake Up Girlsの痛車を発見

 

f:id:qropyt:20160511110048j:plain

 f:id:qropyt:20160511103605j:plain

 

 

この日は天気が良かったため再び外灘に行き栓抜き型のビル、上海環球金融中心の世界一高い展望台に行くことに

f:id:qropyt:20160415185713j:plain

上海環球金融中心左のビルね(写真は前日に撮影したやつ)

 展望台は穴が空いてる上と下にあるよ

 

 

 

 展望台からの景色はこんな感じ

 上海タワーが小さく見えます

f:id:qropyt:20160511103536j:plain

 人がゴミのようだというより人がよく見えませんでした。

 

上海タワーの反対側はシムシティのような量産型の建物が立ち並んでいました。

f:id:qropyt:20160511103538j:plain

f:id:qropyt:20160511103539j:plain

f:id:qropyt:20160511103540j:plain

同じ設計で大量に建設したんだろうけど、世界で2番目に高いビルとかが立ち並んでるそばに同じような家があるの不思議

 

 

 

 

 

【上海4日目】 

この日は午前中スーパーマーケットでおみやげを買いました。

日本のお菓子のフレーバーの多さに驚き

日本でもこのくらいフレーバー出してほしい

f:id:qropyt:20160511110401j:image

 

プリッツのシュークリーム味を買って食べたけど思ったよりシュークリームではなかった

味は美味しかったけど 

 

f:id:qropyt:20160511110413j:image

写真見て気づいたけどプリッツよりポッキーの方がお高い

 

おみやげはお茶とかインスタント麺とか買った

買ったおみやげを友人宅に預け豫園へ

 

豫園(よえん)は明時代の庭園で古きよき中国って感じのところ

f:id:qropyt:20160511105258j:plain

f:id:qropyt:20160511105209j:plain

上海滞在中に行った場所では一番観光地って感じのところだった

欧米人も日本人も割と周りにいるし

 

 

f:id:qropyt:20160511105330j:plain

f:id:qropyt:20160511105333j:plain

 

f:id:qropyt:20160511105352j:plain

 

 つづき

qropyt.hatenablog.com

上海に行ったはなし2 上海タワーは悪の組織のアジトみたいだった

前回の続きです。

qropyt.hatenablog.com

 

現地時刻の21時ごろ上海浦東空港に到着しました。

f:id:qropyt:20160419161903p:plain

借りたレンタルwifiの電源を入れスマホからgoogleにアクセスするとつながりませんでした。

もちろんtwitter

なるほどこれが中国

 

とりあえず到着ロビーへ

続きを読む

上海に行ったはなし1

こんばんは!!

先月上海に行ってきた話です。

 

 

 

 

2月下旬

友人「3月後半は上海にいるよ」

 

僕「じゃあ、遊びに行くわ」

 

ってな感じで上海に行くことになりました。

続きを読む

中国からtwitterをする最も簡単な方法

先月、中国の上海に行ってきたのですが中国ではインターネット規制のためtwitterfacebookgoogleなどのサイトにはアクセスすることができません。

ちなみにLineは問題なく使用できました。

 

 

さてそこでVPNも香港simも使用せず中国から簡単にtwitterをする方法があります。

モバツイです。

 

s.movatwi.jp

 

モバツイにはアプリ版とweb版があるようですがweb版を使用します

モバツイのweb版からは特に問題なくtwitterをすることができました。

web版にもスマートフォン版とガラケー版があるみたいですが、スマートフォン版では回線が弱かったためかうまく読み込まないことがあったのでガラケー版の方がいいかも。

 

ただ注意することが1つあります。

モバツイを利用するためのtwitter認証を日本でやっておくということです。

中国からはtwitter認証がもちろんできません。

 

 

 

無計画ドライブをして思ったこと

1週間に記事を1つは書こうと思っていたのに前回の投稿から1ヶ月以上が経ってしまいました。

ちゃんと書きます。はい。

 

 

 

さて、先日新宿から福島県まで友達と3人で深夜のドライブに行ってきました。

まったくの無計画で当日の午後6時頃にドライブに行くことになりました。

 

f:id:qropyt:20160221121154j:plain

 

まったくの無計画だったのでレンタカーどころか行き先まで決まっていませんでした。

そのため借りた車はその場で借りれたハイブリットカー

しかも行き先未定だったためスタッドレスタイヤ

12 時間借りて合計12000円ほどでした。

 

午後8時頃新宿を出発し、高速道路を使わず一般道を北上して関東からの脱出を目指しました。

 

途中、茨城県の海岸にふらっと立ち寄ったのですが星が綺麗でした!めっちゃくちゃ綺麗でした!満点の星空めっちゃくちゃ綺麗でした!!!

カメラを持ってこなかったことが悔やまれる…

 

午前1時過ぎ頃福島県に到着

福島県でも海岸に立ち寄ろうとしたのですがその海岸には出られませんでした。残念

 

帰りは一部高速道路を使い新宿に午前8時頃到着しました。

 

 

今回のドライブで思ったこと

夜の道路は空いている

当たり前なのですが夜の道路って空いているんですね。
東京から出ると急にあたりが暗くなり車の数が減ります。
夜走っているのはほとんどがトラックです。

 

一般道でも思ったより遠くへ行ける

一般道でも思ったより遠くにいけます。

最初一般道で福島県まで行くと決めた時は時間かかるし大変そう…と思っていたのですが夜ということもあってか思ったより大変ではありませんでした。

  

無計画にはお金がかかる

無計画のドライブだったためレンタカーの予約はしておらずその場で借りれたハイブリットカーを借り、行き先が決まってなかったのでとりあえずスタッドレスタイヤにしてお値段約12000円

前もって計画していた場合ガソリン車コンパクトカーでお値段約6000円ほどで行けました。

その差6000円!なんと半額!

3人で行ったので一人あたり2000円!

2000円あれば口座に2000円増やすことが可能です。

 

また計画していなかったために突然必要な物がでてきて買うということもあるかもしれません。

無計画は計画をしっかり立てた旅よりお金がかかります。 

 

それでも無計画は楽しい

無計画の楽しさはこの先どうなるかわからないところだと思います。

しっかり計画を立てた旅は目的地で楽しむことが主な目的になるのに対して、無計画の旅は出発から帰宅まですべてが目的となるように感じます。

これからどうなるのかわからないドキドキ感があると思います。

 

かと言って無計画すぎてぐだぐだしてしまうのは楽しさが激減してしまいます。

旅の計画を立てることもまた旅の楽しみの一つだと思います。

2日以上かけて旅をする場合は計画立てたほうが好きです。

 

 

 いきなり今から焼肉食べに韓国に行こうとか誘われて韓国日帰り旅行とかやってみたいですね。

誘われたら予定とお金に問題がない限り行きたいと思います。

まぁパスポートの有効期限切れていて誘われてもすぐ出国できませんが…

 

絶叫マシンのはなし

絶叫マシンって怖くないですか?

絶叫マシンなので当たり前です。

怖くなくては絶叫マシンとは言えません。

ところで絶叫マシンの怖いってなんなのでしょうか?

 

僕は少し前まで絶叫マシンの ”怖い””死ぬかもしれない” ”危険である”  として感じていました。

しかし今は絶叫マシンの ”怖い””死ぬかもしれない” ”危険である” ではなくなりました。

もちろん絶叫マシンの事故はあり、絶叫マシンに乗ることで死ぬことがないとは言えません。

 

あるときテレビで新しい絶叫マシン開発の特集をやっていました。

そのテレビ番組で知ったのですが、絶叫マシンは運営に国の許可が必要なのです。

よく考えれば許可が必要というのは当たり前のことです。

そこで思いました。国の許可が必要な乗り物なら安全な乗り物なのではないかと。

 

調べてはいないのですが、日本の絶叫マシンの基準は海外より厳しいと思います。

頭のおかしそうな絶叫マシンが海外にはある中、日本の絶叫マシンはとても安全ではないいのでしょうか。

自動車より絶叫マシンで事故に合う確率の方が低いのではないでしょうか。

 

絶叫マシンは安全だけど人間に ”死ぬかもしれない” と感じさせる乗り物なのです。

危険な乗り物ではないのです。

 

 

前、一緒に絶叫マシンに乗った人に「低い声で叫んでてわろた」と言われました。

俺もいつか絶叫マシンに乗った時、毛利蘭が死体発見したときの叫び声みたいに「キャー」って叫んでやるんだい!